私が撮ったハワイ

朝ごはんに欠かさなかったサラダ

旅先のほうが、健康な食事ができていたのかも

ノースショアの「ハレイワ」という古いサーファーショップの立ち並ぶ街

「matsumoto シェーブ アイス」はあまりにも有名・・・

オーナーのmatsumotoさんの姿も!

また、行ってしまいました ハレイワ

ストロベリーとグレープとオレンジの三味

うまーっ              私の撮ったハワイ・・・ 続く ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続 イルカとカメ

Dscf0049Dscf0061_2 カメです 海面に顔を出して・・・

ハワイでカメはホヌ

と呼ばれています。

それほど沖でもないのわかりますか?

。これがイルカの群れが寄ってきた状況!水の中にもたくさんいました

かわいかったなheart02

イルカと泳げる場所引き続き探しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カメよカメよカメさんよー

こんな青くていいのでしょうか?不公平すぎやしませんか?

ハワイアンブルー底まで透明な海・・・

砂浜から乗り込んだボート、打ち合わせの待ち合わせまで、

時間がなくて(仕事仕事)

本当は1時間コースを45分でと

わがままに

おじさんに頼んで、セーリングしたとき

(値段はまけてくれなかったよ)

本当に乗ってよかった

時計したまま乗っちゃったけど

日焼けクリームも忘れて、時計のバンドの直線が腕に

かなりピキッとついたけど

なぜならば、

出会う予定だったのかはわからないけど

大きな大きなカメさんと

それとイルカの30から40くらいの大群に遭遇したから!

ビーチから沖に、数百メートルでたくらいなのに

そんなに遠い沖にでたわけでもなく、

まさかの出来事で・・・

ハワイアンの弟が船頭していたんだけど

イルカを遠くに発見したら、「ドルフィン!ドルフィン!」

すぐ追っかけてくれて

「あんたら、泳げのるか?」と

いきなりの確認

わたし「イエス アイ キャン!!」

ハワイアン弟「じゃあ、もっと前に座っていいよ」

うわ!もっとイルカにも海面にも近いところに

いるわたしら!

船の先頭のほうにいるし、足が海面にスレスレなのです

かなりラッキーでした

わたしたちはイルカたちの美しい泳ぎを 手の届く距離でみてしまい

手を振り続け

日本では考えられないような

黄色い声でイルカと会話までしてしまい(したつもりはわたしだけ)

そこから、

「イルカと泳いでからジャパンに帰るのだ!」

と心に決めてしまいました・・・

わたし、決めるとしつこいんで、

何かにつけてどこで

イルカと泳げるのか、かなりギラギラしてましたから

わたしの前世はイルカだったかも?くらいに・・・

だからプールで潜水するの好きだし

飛び込みも好きだし、

イルカみたいにふわっと水にもぐる瞬間も大好きなんじゃないかと・・・

ハワイアン弟「あー45分で約束あるんだよね?忘れてイルカを

追うところだったよ」

って方向転換!

セーリングを終えてビーチにおりても

覚めやらぬ興奮・・・

ハワイアンのおじさん達、兄弟で、船を営業してるらしいんだけど

足についた砂を洗う水道まで案内してくれて、

ハワイアン弟「イルカの大群がいたんだぜいー!!」と

ハワイアン兄に報告してた

かなり珍しいんだって!

イルカって、あんなにキュートheart02だなんて

自然って素晴らしい・・・ ドルフィンの写真ももち、出しますね

080408_065201_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本一高い山「富士山」の話

吉祥寺店 望月 瞳からのメッセージ

この夏富士山の頂上へ行ってきました。

昨年も行ったのですが、ご来光まさにその瞬間に、目の前が

灰色の雲に一気に覆われ、雨が降りみえなかったのです。

200609031808000

今年はそのリベンジで

「絶対にご来光を見たい」

という強い思いで行きました。

富士山は2日間かけて、頂上を目指します。

初めての方はツアーでが安心と思いますが

      <私はツアーです)

バスで富士山へ、お昼に5合目に到着。その後登山が始まります。

4~6時間で途中の山小屋に到着し、休憩、仮眠食事の後また、

深夜からのぼり始めます。

日の出前に登頂を果たし朝日を見る・・・・という流れです。

登頂に必要な持ち物は重く 洋服、食料、飲料、雨具などなど生活必需品は

持ち歩くわけで、この荷物がなければ楽に登れるのに!

この荷物なしでは登山できない・・・・皮肉なものです。

5合目に到着したら、雨。そして雷も!!

ひょっとすると、今年もご来光は見られないのかしら?

テンション下がり気味になりました。

1日目・・・視界は真っ白。

      雲の隙間から時々見える下界の景色に

      励まされる。山小屋に到着するも、

      夜は老若男女全員同じ部屋。

      いびきの激しいおじ様もいて、眠れず。

      仕方なく外にでてみる・・・・

そおしたら!さっきまでの雲が嘘のように晴れて空には

こぼれそうなくらいの星と、向こう側には美しい夜景が広がっていました。

友達と2人でいっきにテンションはあがり!登り始めるには早くても

山小屋をあとにしたのです。夜間の登山は昼間とは

また別物です。

「ここはいったい?」「自分って何?」

そこにいる事がとっても、不思議になります。

進むほどに岩がゴロゴロ足場も悪くなります。

さらに8合目からは体力がきつくなります。

みんなで一体になり頂上目指して列になり登り続けます。

ヘッドランプが登山道のジグザグを形とり、それを見ていると

力がわいて来ます。ひたすら登ること数時間・・・・

そしてついに登頂達成です!!

凍えながら空の色が美しく変わっていくのを見守り待望の・・・

ご来光に・・・感動。

200609031805000

想像以上の体験でこればかりは、

言葉には表せません。

そして、下方にひろがる

雲海。

あの絶景を見たくてみんな辛くても 

登るわけなのかあ。と確心。

正直、楽ではありませんが、興味ある方は是非行って自分の目で確かめて

ください。体験した人にしかわからない何かを得られるかと

思います。夏の間しか登山できないので、是非来年の夏!いかがですか?

             お待ちしております 富士山より

きいただけで、忍耐が必要ですよね。2日かけて、思い荷物を

持ってなんて、中途半端な気持ちではできないと

思います。日本一の山だから、日本人なら一度は登りたいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の思い出・・・新潟長岡花火大会

Cimg0405 青山店 岩瀬 愛 からのメッセージ

新潟の長岡に花火大会を見にいってきました。

かなり有名な花火大会のようで、びゅーのツアーで各地から

たくさん人がきていました。

日帰りだったので、朝早く電車をとってしまい

長岡に12:00過ぎについてしまい・・・・・。計画性のない私達は

安易に「海でも行けば時間つぶせるよね?」

これがアマカッタ。なんと電車もバスも一時間に一本。

観光所のおばちゃんには美術館にいったら??と言われたのですが。

芸術に興味ない私達は〈ネイリスト=芸術肌とおもいますよん by A.Harima)

それは嫌!!

じゃあ温泉はと言ってみたもの、おばさんには沸かしだし・・・

と言われ結局、海!!と決まりました。が・・・バスが3分後に出る!

ダッシュでバスに飛び乗りびっくり。普通のバスじゃあないんです。

観光バスに青ざめ。「私たちどこいく?」状態。

運転手さんしか頼りは無くて、海への行きかたをきいて、やっと海に着いたら、

なんと帰りの心配をしていた泉名店長の予感は的中。

バス2時間に1本。

それでも、ジェットスキーと海水浴で遊んできました。

帰りはさあて・・・海の家のお兄さんにタクシーを呼んでもらうのに

車くるのに30分。長岡まで1万円。大通りにでたら、

奇跡的にバスが・・・!長岡に無事到着。

花火は1発がスターマインという大きい物で。花火を見て

感動とともに、夏が終わる寂しさも感じながら。

フィナーレはフェニックスという

新潟の震災の復興を願いつくられた花火です。

川全体に花火が打ちあがりとーっても美しくて

感動的でした。復興への願いが強く伝わってきた

花火で忘れられない夏の思い出です。

(行きの電車からは避難所で生活をしている様子見ました。)

Cimg0401   花火の写真が暗くて、なくてごめんなさい!Cimg0390

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おーリとーり石垣島!石垣さんの石垣島に行くツアー参加しませんか?

Jpeg At_jpeg_1

左の写真クリックで石垣家も拡大OK!

右は海を背に石垣さんです

左に足がとても長いわんこがいるのが気になるので・・・

わんこの名前石垣さんに聞いときます!

「こんなにきれいだったかなあ。」

1年ぶりに帰った故郷はこれまでにないほど美しく感じた。

海はキラキラと輝き、空は真っ青で、太陽がすごく眩しい。

沖縄本島から飛行機でさらに南へ50分、

そこに私の故郷石垣島はあります。

きれいな島とわかっているつもりでいましたが、

改めてその美しさに感動してしまいました。

 あれは6年ほど前でしょうか。高校生だった頃、

     ただただ

      「こんな小さな島から早く抜け出したい。」

                     そんな気持ちでした。

高校を卒業したら絶対東京だ!私は都会人になるのだ!と決めていました。

 そして東京の大学に進学が決まり上京。

始めのうちは毎日が刺激的でとにかく楽しくて「私って都会人。」

と思ったりもしました。

しかし不思議なものです。

やっぱり私には沖縄の血が流れているのですね。

時々むしょうにゴーヤーが食べたくなるし、

台所に石垣の塩があると安心するし、

BEGINの歌を聴きたくなるし歌いたくなる。

クリックで石垣へトリップできます

私は沖縄が好きなんだなあ、とその時初めて感じました。

  そしてもう一つ気づいたことがあります。

「だれも石垣島なんて小さな島知らないんだろうな。」と思っていたのですが、

テレビをつけるとよく

「石垣島」  ここもくりっくです

という言葉をよく耳にするのです。

最近では母校の八重山商工高校の野球部が

甲子園出場という事で話題になりました。

私が思っていた以上に「石垣島」のことを知っている人が多いのです。

  私が石垣島出身と言うと

ほぼ100%の人が「いいなあ。」といってくれます。

お陰で今は自分が石垣島の出身であることを

とても誇りに思います。

上京して来なければ決してそう感じることはなかったと思います。

 「石垣島の観光名所はどこですか?」と聞かれることがあります。

特別観光名所があるわけではないのですが、

まずはゆったりと流れる時間のなかで、

青い海、青い空、やさしい風にどこからともなく聞こえてくる音楽・・・

そしておいしい食事と、体全体で石垣島を感じてほしいな、と思います。

「石垣島はいいところですよ」

プロケアネイルにいらっしゃるお客様にもときどきアピールしています。

海外旅行もいいですが、石垣島も・・・いかがですか?

       プロケアネイル  吉祥寺店 石垣 千恵より・・

石垣さんは英語も堪能で海外生活も

した事あるらしい。とってもおっとり

してるのに。

石垣島生まれだからこそ存在した

ただものではない女性では?とおもいます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんなに素晴らしい場所があるなんて・・・

青山店 黒崎 順子からのメッセージ・・・

051215_0819 夏に鵠沼海岸が定番な私にとって、

10月にお休みとって旅行をした、初めてのOKINAWAは衝撃的でした。

海の青さや、食べ物や、人柄のちがい・・・

友人と二人で企画したものの、計画のほとんどはお任せしてしまい。私は

あまり旅なれてないもので・・・泊まったホテルは ブレナセレスという OKINAWAでは高

級リゾートホテルの風格。

OKINAWAサミットが開かれ要人たちも泊まったところだったんです。

プライベートビーチはあるし、とにかく綺麗で、

短い旅なので、泊まるところは贅沢にというのはひとつのテーマでした。

観光はタクシーのおじさんにお願いして、

「ハブを巻いて来い」って、案内された、

「ハブ博物公園」へ。

東京から飛行機に乗ったら何かが変わって

蛇なんて大嫌いなのはずなのに、

首にハブ巻いてました・・・

それから鍾乳洞もみてびっくり。

自然が何万年かけてできた芸術をみて感激しました。

沖縄美(ちゅ)ら海水族館では

じんべいザメに出会い。

パイナップル園では15分も食べ放題のコーナーからはなれなかった私たち。

これも南の島ならではですよね。

写真はね、タクシーのおじさんに

海底のみえる船を案内してもらって、乗ってる図。

船首にすわり一人でタイタニック気分の私。

そのほかにもね、夜に海岸散歩してたら、

友人が「順子に後ろに流れ星!!」で大騒ぎ。

宇宙のちりが大気圏に突入しながら、燃えている様子・・・なんて神秘的。

私は見逃したけど、横の人も叫んでたから、間違いじゃないよねって。

東京じゃ味わえない体験が沖縄にはたくさんでした。

10月で気温30度。もう一度夏を味わいたい時には

台風もないし、おすすめの季節でした。

沖縄初心者の私は本島へ行きましたが、

次は離島も行ってみたいなって思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山通り・表参道で流れる空気

050907_220201.jpgプロケアネイル青山店は表参道B2出口から

青山通りを渋谷方面に歩きます。

ネイルサロンとヤングネイルズオフィスが同じビルにあるため、

青山にはほぼ毎日行きますが、何度行っても空気がいいんです。

他ではない空気が漂うし、

ワクワクしてる人や物がきっとたくさん集まってるのでしょう。

スタバのコーヒーも最近ゆっくり飲む時間ないけど、

店のすぐ横にあるブレンズコーヒーは気軽で落ち着けるので

お打ち合わせの来客などありますとでたまに行きますし、

ここで飲むとストレスが飛ぶ雰囲気があって長居してしまうので不思議です。

青山店をオープンする前は視察で足を踏み入れるだけで緊張した。

こんな街って他にないと思う。

おとといかな?車に乗ろうとしたら、

空からSMAPの「なんとからいおん」ってバラードが聞こえてきた。

つーかこれって、本物の歌声でしょ??ゲリラライブ??

             と思ったけど、国立競技場でライブがあったらしいよ。

紀伊国屋がまだ前の場所にあった時は

スーパーのレジでそういえば稲垣五郎にあった。

キャベツとかお惣菜とか普通に買ってたけど、

レジのお姉さんに「細かいお金があると助かるしょ・・・」とかいって

小銭をわざわざ出してあげてた。

他のスタッフも有名な方には数々会ってるみたい。

ドラマの撮影とかも多いし。

うちのお店に通ってくださっていらっしゃる方も??いるかもですし・・・

あとね、気になるは青山劇場・・・

       「あ、少年隊」

         って思う時は、年齢層が若干高いファンが

集まって並んでることが年に数回あるんだけど、

結構人気あるんですね。すごい集客力で驚きます。

青山から渋谷へと原宿へと移動すると感じも全然変わるし、

裏道にもたくさん食べ物屋だののお店があってね。

たまにスタッフや友人と利用するくらいで

ほとんど利用したことないのだけど。

(青山って夜の引きが早いので、閉店は早いお店が多い)

写真はナチュラルハウスクリックしてねで買い物するんで、

駐車しながら撮ってみた表参道交差点の様子、夜10時頃かな?

遅くまでやってるのでいつも助かってます。

いいお値段するものも多いですが、

卵、野菜、パン、お肉、お魚は本当に新鮮でおいしいです。

選んでお買い物すると楽しいですよ。

卵なんて新鮮でプリンってしてて黄身が簡単には割れたりしないもの。

結局長持ちもするし、体にもいいしね。

何せ大型スーパーに行くと

一回りするので、やたら時間かかって「あ、あれ忘れた」みたいに

売り場探して後戻りとかするとき大変だけど、

ナチュラルハウスはコンパクトなんで、

     短時間でお買い物完了!

                         できるのも魅力です。

この間クーラーバック付の専用のお買い物袋買っちゃいました。

プロケアネイル吉祥寺店クリックしてねもあるのですが、

そちらに行くときは吉祥寺のナチュラルハウスに行けるし!

今度は吉祥寺を紹介します。

私の地元なので昔からウロウロした街ですがまた、

何でもあるし、とても楽しい街ですよ。

住みたい街としてとても人気高い理由がわかります。

    ぶらり途中下車にもオススメです!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の秋田で思うこと vol1・男鹿半島・

050823_104802.jpg秋田へ行ったわけですが、なにせ30年ぶりというと。印象や感じることは全然違うわけで、空港に着いたときの空気のおいしさとふりそそぐ日差しは東京では感じたことのないもので。どちらかというと北カリフォルニアで感じた感覚と近かった。東京生まれで東京育ちっていうのもかわいそうなのだなあ。と実感。

しかし秋田には秋田に暮らす人々にしかわからない深刻な悩みや問題があるわけです。

なにせバスが一時間に1本は普通で、車がないと生活できない。若者がみんな東京などの都会に出て行ってしまうから、見かける人は若い子なら、中・高生、それ以外はお年寄りが多くて。夕方の電車は東京じゃ、お勤め帰りの方だらけだけど、秋田じゃ、中高生で満員で。通学以外の時間帯はね、電車もバスもガラガラなんだって。

秋田駅の周辺も空き店舗がたーくさん。デパートなんて閉店が5時ってかいてある。人もいなけりゃ仕事もないわさって親戚も嘆いていた。大型量販店が国道沿いにできることで、商店は閉店に追い込まれ。活性化なはずが、より過疎化を深刻にしている現状。悪循環をどうすればいいのでしょうか?ありゃ人がいなくてヤバイ!あそこにお店を出そうって思わないもの。家賃がどんなに安くっても。商売として成り立たない。ということは仕事がないって事になる。

身近に考えた事がなかったのですが、皆さんも真剣に考えてみてください。私の結論はカジノをつくる。ラスベガス方式。アメリカみれば、あんな、なーんにもない砂漠の中にカジノ・ホテル・ショッピングセンター・遊園地・ゴルフコース・アウトレットショッピングセンター等があり、全米から集まる食べて遊んでカジノしての観光地になってる。ホテルの1階は全てどのホテルもスロットやルーレットがたくさんで。カクテルもお姉さんに言えばチップを渡せば24時間飲み放題で持ってきてくれる!!それにおもちゃのコインではなくて本当のお金をかけるんだから、たまりません。

これ、活性化間違いないです!週末なんてまず予約なしでは宿泊できない程に全米や世界から人が集まるんだから。雇用が増えてホテルも住宅街もたくさん増え続けてる。世界的に有名スターは別荘をかまえる程で。・・・秋田だけの問題じゃないんだろうけど。日本にラスベガスを何箇所か作る計画もやればできるし夢も夢じゃあなくなるはずです。

しかし、国がする事といえば無駄な公共事業ばかり。渋滞しない町にだだっ広いきれいな道路。しかも広い歩道つき。その歩道を歩く人がいないっつーの!犬散歩してる老人が一人歩いてるきり。

今や地下を掘っての道路工事も進んでいるのをみたが、秋田の人は必要ないっていってた。その地下道がなんと1000億の税金で作られているって!!許されますか?

皆さんが汗水かいて働いて国に払った税金を使ってですよ。それでこんな素晴らしい道路やダムやらを建設して。秋田県の負担は10分の1でいいんだからいいじゃあないさ。って市長さんだかが言っちゃってるらしいしってあきれてた。よくわからないけどいなかにはいなかにある無駄な公共事業の深刻な問題も目の前にしました。

最近高速道路ができて、初めて100kmのスピードを出した時は怖くてしかたなかった、って59歳の親戚が言ってるんだから。お陰で普通の道路で車をぶっとばす若者も増えて事故も増えたらしい。衝突事故。視界が広いからかなあ。あとは、病院に行くご老人が自分で運転して一人でいく様でそんな事故も多いって。

東京では聞かないことが多くて心配になりました。写真は男鹿半島の寒風山の回転展望台からの景色です。海と空と空気ってこんなに綺麗なんだし、自分のちっぽけさについても改めて考えてリセットするいい機会でした。自分の国で思う事は、海外で感じる感覚とはまた一味違うんだなあ。演歌を歌いたくなるもんね。人もあったかくてね、自分は都会でおかしくなってるのかなあって。

男鹿半島は秋田の大晦日の行事のひとつなまはげのふるさとなの。知ってました?父親の故郷をこれからは私の田舎にしていきたいかな。

どんなに暖かい心の親戚がいたかはまたお話したいです。ついて昼間からお酒での大歓迎と山菜の入ってるおいしい煮物やお寿司デザートなどたくさんの手料理もホントに本当においしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)